Home Tags タグ: "オタク"
Tag:

オタク

世界が「火曜の朝の目覚め」なら?

 

ひと昔まえではあるが、2012年に「日本のヤンキー化」現象を提唱していた精神分析学者がいる。斎藤環氏による2冊『ヤンキー化する日本』(角川oneテーマ21, 2014)『世界が土曜の夜の夢なら』(角川文庫, 2015)は当時それなりに読まれ、話題となった。それだけでなく『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』(原田曜平, 幻冬舎新書, 2014)や『ヤンキー進化論』(難波功士, 光文社新書, 2009)も

本書は本講義の課題図書となっているので、生徒諸君はもちろん予習済みだと思うが、万が一まだ読んでいないようなら中間試験までには入手しておくこと。

内容は原著に譲るとして、ようするに当時の日本では「不良は減っているのに、一般人の中でのヤンキー的バッドセンスの共有度は高まって」いたのである。

 

時は過ぎて2020年。令和2年のいま、日本人の精神性はどのように描きうるだろうか?

 

…斎藤先生に断りもせずに、そんな壮大なテーマを「世界が “火曜の朝の目覚め” なら?」と掲げて語り始めてしまった。うーん、伏線回収できる自信はない w


日本のオタクとヤンキー、そしてギャル。

本書において斎藤氏が指摘しているが、日本においては精神論として【オタク→ヤンキー】の順番に注目されてきた。

 

まず「オタク」は、漫画やアニメ、ゲームなどのサブカルチャーに傾倒し、当時は『電車男』や『新世紀 エヴァンゲリオン』などで盛んに描かれた。

彼らの特徴として「いまここ」の現実を相対化しつつも、その想像力が趣味の範囲に留まっているという点が言われる。特定の領域に関するマニアックな情報収集や研究に勤しみ、ひとやモノ、景色のフェティッシュなまでの描き方に興奮する様は、まさに空間的・時間的な超現実のような世界観に対する妄想力を示すところである。

しかし「オタク」はその飛躍を自らの興味関心が及ぶ特定領域内に留めて、あくまで普遍性を志向しない。

 

つづいて「ヤンキー」だが、彼らもオタク同様に「いまここ」を相対化する傾向がみられる。

それは彼らの「バッドセンス」(古くは「つっぱり」)へのこだわりに見出せる。ヤンキーは、例えば物語におけるヤンキー的なキャラクターが担うような、現状への不満を相対化し、カリスマ性をもって「いまここ」ではないどこかへと道を切り開いていってくれそうという期待を抱かせる。

 

小泉純一郎や橋下徹、最近だとトランプも「ヤンキー」ではないだろうか。

 

こうした「ヤンキー」の現実を相対化するチカラは、その「反知性主義」と「換喩性」に依るものと考えられる。

ヤンキーには「気合とアゲアゲのノリさえあれば、まあなんとかなるべ」というモットーがあり、本質的で理性的な意思決定や行動より、むしろ「気合い」を重視した「心でっかち」になる傾向がある。これが、彼らなら現実を打破できるのではないかと周囲に期待させるようなヤンキーのもつ印象に繋がっている。

斎藤氏も「ヤンキー文化には、『本質』や『起源』と呼べるものがない。その本質なるものがありうるとしても、それは中心ではなく周縁に、内容ではなく形式に、深層ではなく表層にしか宿り得ないからだ。」と述べ、彼らの反知性主義はその虚構性すなわち換喩性と結びついているとする。

 

しかし彼らもまたオタク同様に「いまここ」を完全に相対化することには得てして挫折する。それは彼らのもつもうひとつの性格である「家族主義」的で保守的な「女性性」に依るものである。

 

彼らには、自らに紐づいた歴史や土地、仲間そして家族を大切にする特徴があるということは想像に難くないだろう。まさに古事記はスサノオノミコトの時代から、ヤンキーは多少やんちゃして周囲を困らせることがあっても、結局はドメスティックかつネイバーフッドな関係性を重視し、それによって現実の相対化に失敗するのである。このように伝統的なものに絡めとられている保守性もまた、ヤンキーの特徴なのである。

 

こうして、オタクもヤンキーも現実を相対化する傾向にありつつも、それに挫折している。そのことは、前者が「土曜の夜の夢」をみており、後者は「月曜の朝の憂鬱と希望」をみている、と喩えられる。長くなったが、このように日本で【オタク→ヤンキー】と注目されたことには、いつまでも変わらぬ現状に対して積もり積もった不満をなんとか打破してくれまいかという「希望」が背景にあり、とはいえそれは保守性とも背中合わせであるという「憂鬱」を孕んでもいるのである。



ギャルは現実主義的ゆえ、自他の関係においてリアルな矛盾を抱える

ちなみに斎藤氏は同書においてギャルにも少し言及しており、ギャルはヤンキーと対置され「アゲ」を重視する傾向をもつとして描かれる。ヤンキー文化に隣接して生まれたのがギャル文化であり「ヤンキー → チーマー → ギャル」という系譜が観察されるという。しかし残念ながらギャルに対する詳細な精神分析は行われていない。

ここでは平成を席巻したオタク・ヤンキーたちと比較して「ギャル」の精神はいったいどのように分析されるか、素人ながら考察してみたい。

 

(ヤンキー, チーマー, ギャル, オタクが勢ぞろいするドラマ『池袋ウェストゲートパーク』通称「IWGP」)

まずオタク・ヤンキーの共通点であった「夢」すなわち現実の相対化と挫折であるが、これに関して「ギャル」はむしろ「目覚め」ていると言えるほどに現実主義的であるように思われる。

 

前記事でも述べた通り「ギャル」は自分のこだわりと他者との関係性を重要視する。このとき採用される自己認知は極めて客観的でリアリティがある。ギャルモデルの「みちょぱ」氏が語るように、ギャルは己が例えば座学で優位でなくとも率直にそれを受け容れ、むしろ他者へのリスペクトの気持ちに接続している。これはオタク・ヤンキーのようにメタレベルの認知が欠如している精神性とは大きくことなる点である。「ギャル」たちは根拠のない気合いで自らに喝をいれることはしないし、場当たり的にフェイクに身を委ねることもない。等身大の自分のもつこだわりを貫くこと、これが「ギャル」は「夢」をみず「目覚め」ている、と主張した理由である。

一方で「ギャル」もまた矛盾性を孕んでいることに変わりはないと考える。ただしそれは現実と虚構ではなく、自己と他者である。「ギャル」たちが己の価値観や主義主張を大切にするほどに、それは他者との関係性を構築・維持することをしばしば困難にする。

 

クラスメイトに日サロでよく焼けた染め髪パーマに長い付け爪の子がいたら、積極的に話しかけようとはしないひとが少なくないし、

ホームグラウンドである渋谷を歩いていても、かつてのギャル第1世代の全盛期を知らないイマドキの若い子たちはなにか天然記念物でもみるかのような訝しげな目線を送るし、今やその姿に興奮してくれるのはむしろ外国人くらいである。

 

また見た目だけでなく、好き嫌いをはっきりと伝えるギャルはだからこそ他者との関係性とのギャップに板挟みになる。これはやはり血を分けた存在であるヤンキーから受け継いだか、やはり歴史や土地、仲間そして家族を大切にする「ギャル」たちは、トレンドや渋谷、様々なクラブハウス、イベサーの仲間、そして家族を大切にしている。

 

「みちょぱ」氏は「ギャルは親を大切にする!」と断言しているし、また「モテようと思ったらギャルはやっていない」と言うように、異性へ媚びを売るつもりがないことを主張するが、そのような意識が芽生えている時点で自他の関係性に敏感であるということは十分に示される。くわえて下記の記事で、ギャル雑誌としてその名を馳せた『egg』のオンライン版での復活後の編集長をつとめる赤萩さんも、ギャルの要件である「ギャル魂」の一つの要素として「仲間を大事にする」ことを挙げている。

ようするに、彼女たちは大変現実主義的な性格であり「目覚めて」いるがゆえに、自他の矛盾性に対して敏感で、ときに葛藤している。これが果たしてオタク・ヤンキーのときのアナロジーのように、結局は他者や社会に揉まれて自己のこだわりにおいて一定程度の挫折を経験することになるのか、はたまた違う方向性に向かうのか、それは今後の「ギャル」たち次第であろう。

しかし今のご時世、この課題の山積みな現状が、オタク特有の妄想で逃避できるわけでも、ヤンキーのカリスマ性に頼って劇的に改善されるわけでもないことは皆が薄々きづいているところであろう。加えてVUCAと呼ばれる複雑かつ変化の速いなかで、我々は信じられるものを失いつつある。そんなとき「芯がある」生き方をするギャルたちの姿は、憧れの眼差しでもって見つめられうるのではないだろうか。

 

彼女たちは自分の軸をしっかりと持ちつつ、それを現実的に周囲と擦り合わせていくという、まさにこの時代を生き抜くために重要なひとつのメソッドを体得している。そんな「ギャル」の精神が、これからの日本人像に重なってゆくことを願ってやまない。

 

 

さて、今回は課題図書の2冊からギャルをオタクやヤンキーと対比しつつ、精神分析的に考察・研究してみました。

あらためて、ギャルがいかにユニークな存在であるか、またその「マインド」のより深い部分に迫ることが出来た気もして、大変勉強になりました。

来週のゼミも楽しみだな~。あれ、確か来週は小テストがあるとか…??

 

ちゃんと過去記事を復習しますね! え、他の連載からも出題するかもなの??

ひえ~、みんな、来週までに、このゼミ以外の記事にも目を通しておいてくださいね!

 

ではでは~、アディオス!!!

0 コメント
3 FacebookTwitterPinterestEmail